当たり前の日常から新しい発見を。ETHOSENSとは

日本ブランド(ドメブラ)
この記事は約6分で読めます。




ランキングが日頃の励みとなってます!

        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ にほんブログ村

 

ブランド情報

概要

 

 

ETHOSENS(エトセンス)とはデザイナーの橋本唯が2003年にエトス(ETHOS)として活動を始め、2007年にブランド名をエトセンスに改名し再スタートした、日本発祥のファッションブランドである。

  • ETHOS」はギリシャ語で癖や習慣という意味
  • SENSE」は英語で感覚という意味

この2つを融合することによってETHOSENSが誕生した。

 

現在存在する「ETHOS」というブランドは別ブランドである。

 

以下公式サイト抜粋

「習慣や特質の中から生まれるすべての感覚に目を向けることで、新しい発見があると考えています。 私たちは、将来スタンダードになり得る革新的な表現を目指し、ほんのわずかでも世の中に新しい価値観をもたらすことができるような、本質的なクリエーションを追求していきたいと思っています。」

出典:ETHOSENS

 

「視点を変えることで、ごく当たり前で日常に存在する些細な物事が魅力的な作品として変化する。」

出典:ETHOSENS

 

ブランドのアイコンにしている菱型が正方形を斜めから見た形状であるように、単純な日常でも視点を変えることで発見につながるということを常に意識してクリエーションに向き合っている。

 

 

 

デザイナー

出典:Rakuten

 

橋本唯(Yui Hashimoto)

母親が油絵作家という家に生まれる。

高校時代に服が好きだったためファッションの道へ。

 

2000年にファッション・服飾専門学校、エスモードジャポンを卒業。

その後、ファッションブランドのYAB-YUMとLOLOのアシスタント・パタンナーを経験。

2003年よりETHOSとして活動を開始。

2007-08 A/Wより改名しブランド「ETHOSENS」をスタート。

以降、東京にて年2回のコレクションを発表。

 

2007年

  • 2008 S/SにParis Areaに出展。

2008年

  • 2008-09 A/WにParis Rendez-Vousに出展。

2010年

  • 2010-11A/WでTokyo roomsLINKに出展。

2011年

  • 引き続き2011S/SでTokyo roomsLINKに出展。
  • 7月に東京 渋谷に「エトセンス(ETHOSENS)」初のフラッグシップショップ「ETHOSENS of white sauce」オープン。

2015年

  • 10月に第2回TOKYO FASHION AWARD受賞。

2016年

  • 2016 S/Sで Paris にて単独展を行う。
  • 16-17AWコレクションをショー形式で発表。ランウェイデビューした。

 

以降もランウェイ形式でTOKYO COLLECTION に参加。

20-21AWからウィメンズラインを開始。

(以前はユニセックスという形であった。)

 

 

 

特徴

出典:FASHION PRESS

 

「ETHOS」時代はヨーロッパ古着を着想とした”古着風”という方向性のアイテムを作っていた。

 

「ETHOSENS」は通年で一つにテーマについて深く掘り下げている。

年齢や性別にとらわれない、スタンダードとモードを融合したデザインが特徴。

ラフなゆったり目のアイテムが多いが、どれも絶妙なラフさである。

また、無駄なものは削ぎ落とした実用性のあるシンプルなデザインである。

ユニセックスとして展開しているのもあり、中性的なイメージも感じる。

 

縫製や素材、カッティングなど、どれもしっかりとした作りで、タグにはブランドのシンボルでもある白の菱形の刺繍が施されている。

生地もオリジナルのものが多く、ひとつひとつこだわりを持って作られている。

 

 


  • 18-19AWコレクション

出典:FASHION PRESS

 

テーマは「wabi-sabi(侘錆)」。

日本人が昔から大切にしてきた精神や美意識に焦点を当てる。

使う素材に内在する本質的な価値をありのままに生かせるようなフォルムやデザインで服を仕立てていく。

鮮度や食材そのものの旨味を活かして作られる日本の寿司に通じるマインドで仕立てられた服の数々は、一見した時のしなやかな美しさとともに、作りの丁寧さを感じられる仕上がりだ。


 

 


  • 16-17AWコレクション

出典:FASHION PRESS

 

テーマは「交わる線 LINE of intersection」。

様々な要素が、互いに影響しあい生まれる美を追求した。

襟の形状が違う2枚のコートをレイヤードしたコート。

シャツのようなディテールのコートから見せる切りっぱなしのロングカットソー。

このような洋服同士の交わりが、手を替え品を替え提案された。


他のコレクションが気になる方はFASHION PRESSへ。

 

 

代表的アイテム

 

ロゴベルト

出典:ETHOSENS

 

ブランドとしては珍しいロゴアイテムだが、それもあって話題となった。

16AWに初めてベルトを展開したということもある。

ロゴの連続柄を顔料プリントしたロングベルト。

ロゴを逆さにし反転させたデザインで、ひねりを加えたロゴになっている。

ベルトを垂らした時の存在感を出す為、150cmと通常よりも長めに設定されている。

コーディネイトのアクセントになる。

 

 

切り替えシャツ

出典:FASHION PRESS

 

毎シーズン様々なパターンの切り替えシャツを展開している。

こちらであればレイヤード仕様になっている。

生地の質感や細かいディティールもこだわられており、光沢による立体感、生地の色が変わればボタンも変更するなど。

デザインがありながらも綺麗で落ち着いた雰囲気がエトセンスらしさを。

 

 

 

どこで購入可能か

 

 


ブログランキングに参加しています!!

是非クリックで応援お願いします!!

 

・にほんブログ村

        ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

・人気ブログランキング


日常ファッションランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました