【ヴィンテージ通も唸る一着】orSlow(オアスロウ)とは

日本ブランド(ドメブラ)
この記事は約6分で読めます。




ランキングが日頃の励みとなってます!

        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ にほんブログ村

 

ブランド情報

概要

orSlow(オアスロウ)とは、2005年に仲津一郎(Ichiro Nakatsu)氏がスタートした日本のファッションブランドである。

 

コンセプトは「ニューベーシック」

「originalityのある服を吟味しもの創りする。めまぐるしい速さで流れていくファッションの世界で、ゆっくりと進みながら自分らしさを見つめ直していく。」

出典:orSlow

 

ブランド名はoriginalityの”or”と、slowの”Slow”に由来している。

素材や風合いにこだわったワーク・ミリタリーウェアを展開し、ヴィンテージ品が醸し出すオーラはそのままに、現代のファッションシーンに落とし込んだ服作りを行っている。

 

 

 

デザイナー

出典:キナリノ

 

仲津一郎

 

大阪出身。

 

6歳という幼い頃からデニムに魅了される。

高校卒業と同時に本場のヴィンテージデニムを自らの目で見るためにアメリカへ。

自分でデニムを作りたいという気持ちが芽生え、帰国、服飾の専門学校に入学。

専門学校を卒業後、本格的にジーンズ作りを学ぶため、岡山県・児島地域にある国産デニムメーカーに就職し、5年間勤務。

 

2001年

  • メーカーを退職し、独立。受注生産を中心に企画生産を行う。

2004年

  • 「orSlow」の前身となるブランド「slowdenim」の立ち上げ。

2005年

  • 「orSlow」をスタート。

 

設立して間もない頃は、積極的に海外への合同展示会にも参加するも思うように売れず。

しかし、長年の苦労が実り、今では海外の取扱ストアが20を超える。

 

 

 

特徴

縫製

ヴィンテージのマシンを使い、日本製に拘ったクオリティーの高いアイテムが最大の特徴。

 

出典:orSlow

 

MADE IN JAPANにこだわり、企画・パターン・サンプルの縫製まですべて自社アトリエで行なっている。

アトリエ内にはデニムの量産工場と同じ設備の約20台(16種類)の工業用ミシンを揃えてサンプルをデザイナー自ら手作りで縫製している。

中には「ユニオンスペシャル」というブランドのアメリカ製のミシンがある。

これを用いることで、縫製だけでなく、当時の色落ちまで再現可能である。(味のある色落ちに定評がある。)

 

出典:BMC

 

このように「チェーンステッチ」という鎖のような縫い目ができる。

洗うことで「パッカリング」という縮みや捻れが生じ、履き込んでいくうちに生地にも独特の表情が生まれる。

 

 

パターン

収集したヴィンテージウェアはひと部屋分にもなるほどで、そこからパターン・縫製を学び、そこにデザイナー仲津氏自身が新しいものを取り入れている。

そのため、通な大人も魅了する本格的デザインでありながら、ヴィンテージ好きではない一般ユーザーにもハマるデザインとなっている。

クラシカルな要素を存分に汲み入れつつも美しいシルエットに仕上がっている。

 

出典:orSlow

 

デニム以外にもチノパンやペインターパンツ、様々なアメリカンカジュアルのアイテムを展開している。

 

 

タグ(ネーム)

出典:orSlow

 

ネームにも拘りがあり、アイテムや年代によって色やデザインを少しずつ変え、リピーターの人も楽しめる仕様になっている。

このディティールにもコレクター心がくすぐられますね。

 

 

 

代表的アイテム

107 IVY FIT

出典:orSlow

 

105からの進化形として誕生した細身の5ポケットストレート。

フロントはジップフライを採用している。

1960年代の東海岸のアイビーリーガーをイメージして企画されたモデルでIVYフィットという名称で親しまれている。

腿から足元にかけての緩やかなテーパードにより、カジュアルにもフォーマルにも合います。

 

 

 

105 STANDARD

出典:orSlow

 

ブランド発足から3年の試行錯誤を重ねて完成されたorSlowのフラッグシップとも言える5ポケット定番ストレート。

細すぎず、太すぎない着回しのきくシルエットでフロントはボタンフライ。

特別にあしらえたムラ糸を使い旧式のシャットル織機で織りあげられたオリジナルデニム。着

用と洗いを繰り返すことにより他にはない独特な色落ちを感じることができる。

ミシン、縫い糸、縫製仕様等の隠れたギミックも経年変化後にあらわれてくる。

 

長い年月をかけて拘られた細すぎず、太すぎないシルエット、着用による経年変化はヴィンテージ顔負けである。

1950年代後半~1960年代前半の501XXがデザインベースとなっている。

 

 

 

US ARMY FATIGUE

出典:orSlow

 

アメリカ軍の作業服をモチーフに企画されたパンツ。

2006年に誕生して以来数回のマイナーチェンジを経て現在の形に。

素材は糸の段階からオリジナルで作ったムラ糸を使用し、繰り返しの着用により色落ちし経年変化を楽しめる素材になっている。

 

いわゆるベイカーパンツ。

股上をやや浅めにアレンジし、野暮ったい太めなシルエットを崩しすぎず、適度な太さを保たれている。

ややテーパードしたシルエットはロールアップにも適している。

同素材、同デザインの細身のタイプも存在する。

 

僕もこちらのパンツを所持しているが、色落ちによる雰囲気は当時のヴィンテージものに負けず劣らず。

ベイカーを探している方にはぜひお勧めしたい。

 

 

 

 

どこで購入可能か

 


ブログランキングに参加しています!!

是非クリックで応援お願いします!!

 

・にほんブログ村

        ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

・人気ブログランキング


日常ファッションランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました