【「世界一、正統なスウェットシャツ」を。】LOOPWHEELER(ループウィラー)とは

日本ブランド(ドメブラ)
この記事は約7分で読めます。




ランキングが日頃の励みとなってます!

        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ にほんブログ村

 

ブランド情報

概要

LOOPWHEELER(ループウィラー)とは、1999年に鈴木諭氏によってスタートされた日本のファッションブランドである。

 

コンセプトは

「世界一、正統なスウェットシャツ」を。

熟練した技術を持つ職人の手によって生み出される「着心地のよい」吊り編みものだけを世界に発信している。

 

ブランド名である「LOOPWHEELER」の語源は”吊り編み機(Loopwheel Machine)。

「LOOP WHEEL」と呼ばれる部品が吊り編機についていたことから名付けられた。

大量生産、高速編み機が主流の現代に、あえて生産速度が落ちる「吊り編み機」を用いて生地を作製している。

現在は日本の2社の工場のみでしか扱われていないという貴重さである。

 

 

吊り編みとは

 

特徴は

  • ふっくらソフトに仕上がる
  • 洗濯を重ねても風合いが残る
  • 丈夫で長持ちする

 

1時間に1メートル程度しか生地を編めないという「吊り編み」だが、その非効率とも言える編み方から編み糸に余分な力がかからず、ふっくらと柔らかく、洗濯を繰り返しても風合いが損なわれない、長く愛用できる生地が出来上がる。

数年どころか10年着用し続けてもへたらないとも言われている。

 


 

このようにとにかく着用感を追求した世界的ブランドである。

 

 

 

デザイナー

出典:BEAMS

 

鈴木諭(Suzuki Satoshi)

 

大学を卒業後、商社に勤務。

商社では糸の専門家として働き、糸のセールス中に和歌山県の吊り編み機に出会う。

吊り編み機で編まれた生地に惚れ込み、高度経済成長と共に消えゆく吊り編み機をなんとか残したいという強い想いから、吊り編み機で編まれた生地のみを使用したスウェットブランド「LOOPWHEELER」を1999年に立ち上げる。

 

2000年

  • 販売店舗第一号店として、イギリスの高級百貨店チェーン「セルフリッジズ (Selfridges) 」での展開がスタート。

2001年

  • パリ屈指のセレクトショップ「コレット」やニューヨークの「ジャック・スペード」がループウィラーを買い付け、海外展開を拡大。この間、日本展開はなかった。

2002年

  • 初の店舗を東京 中目黒にオープン。

2005年

  • 千駄ヶ谷へ移転し、「ワンダーウォール」の片山正通氏のデザインによる現在のループウィラー旗艦店が誕生した。

2015年

  • 千駄ヶ谷店2階部分にアーカイブを揃えたストア「LOOPWHEELER VINTAGE SERVICE」をオープン。

 

NIKE × LOOPWHEELER

出典:Fashion Snap

 

コラボレーションが多いことは有名で、BEAMS、NIKE、MHL、スタジオジブリ、Graphpaper、LOWERCASE、FREEMANS SPORTING CLUB、N.HOOLYWOOD、Permanent Union、NF、MEDICOM TOY、MONOCLE、SCYE、など、多くのブランドと発表している。

 

上のようなスウェット生地を用いたスニーカーも発売している。

 

 

 

特徴

何と言っても最大の特徴は、吊り編みによる「柔らかさ」。

あえて効率を下げてまで製作しているからこそ生まれるこのふわふわ・モチモチの柔らかさ。

 

縫製にもこだわりがあり、ポケットやファスナーなどパーツごとに縫製の方法が異なり、この作業が済むとフラットシーマという4本針を使用した縫製が行われる。

 

フラットシーマとは

出典:OTOKOMAE

 

フラットシームとも言い、特殊なミシンを使った四本針縫製のことで、縫い合わせる生地と生地が平らな状態で縫製されているため、縫い目(シーム)がフラットで凹凸がない。

二本針や三本針と比べて手間が掛かり技術的に難易度が高い。

 


これにより着用感を向上させている。

生地、縫製ともにこだわり抜かれたスウェットだからこそ、極上のシルエットと着用感を味わうことができる。

展開するサイズに合わせた専用の機械で編み上げているので脇身頃に縫い目がなく(丸胴編み)、リラックス感ある着心地も特徴である。

 

 

タグ

 

出典:LOOPWHEELER

 

このアイコニックなカタカナロゴも特徴の一つである。

”最初はよく言われたんですよ、「ダサい」とか「コレがなければいいのに」とか。そもそもは漢字のロゴも検討していたのですが、中国語と見分けがつかなくなり扱いづらいということで、カタカナで入れることにしたんです。今となっては海外の方もカタカナに興味をもって頂いたりして、ある意味ブランドの証にもなっています。とりあえずめげずに続けてきたのが良かったですね(笑)。”

出典:Fashion Snap

このように今ではアイコンとして欠かせない存在に。

 

 

 

代表的アイテム

LW01 丸胴吊り編みクルースウェット

出典:LOOPWHEELER

 

ループウィラー の定番スウェット。

ループウィラーのスタンダードシリーズを代表するモデル。

首元のV字ガゼットを前後両方にあしらうなど、ヴィンテージアイテムに準じた、もっともオーセンティックな組み合わせで作成されている。

僕もこちらのモデルを最初に購入しました。

初めての方にはベーシックなこちらがオススメです。

 

 

LW250 吊り編みクルースウェット

出典:LOOPWHEELER

 

LW01より細い糸を使っており、より柔らかくライトな生地感。

また、胴と袖のつなぎ目はラグランスリーブのような仕様となっている。

首回りはLW01より若干広い。

軽めに着用したい方にはこちらがオススメ。

 

 

LW09 丸胴吊り編みジップパーカ

出典:LOOPWHEELER

 

他の定番LWベーシック丸胴モデル同様にボディには丸胴を、縫製にはフラットシーマを使用し、ファスナーはよりオーセンティックな仕様を求めてオープンタイプを採用。

吊り裏毛+丸胴ボディ+フラットシーマという最もオーセンティックな組み合わせで作成される。

LW01が「The スウェット」ならLW09は「The パーカー」といったところ。

 

 

LW290 吊り編みハイジップパーカ

出典:LOOPWHEELER

 

LW250同様ライトな生地を用いたモデル。

フードの立ち上がりとスッキリとしたシルエットが特徴。

コンパクトな仕立て、少し薄手の生地、ダブルジップを使用したフロントは首元までカバーする仕様で、重ね着もしやすいため様々なスタイリングが楽しめる。

通年を通し着用しやすく着脱が容易なため男女ともに一番人気のモデルとなっている。

 

 

 

どこで購入可能か

 

 


ブログランキングに参加しています!!

是非クリックで応援お願いします!!

 

・にほんブログ村

        ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

・人気ブログランキング


日常ファッションランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました