【「ジェンダーを超える」ブランド】 Hender Scheme(エンダースキーマ)とは

日本ブランド(ドメブラ)
この記事は約7分で読めます。




 

ランキングが日頃の励みとなってます!

        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ にほんブログ村

 

ブランド情報

概要

 

 

「エンダースキーマ(Hender Scheme)」とは2010年、柏崎亮によって設立された日本のファッションブランド。

 

コンセプトは、

「社会的性差(gender)の分野に属する『デザイン』において”男女の性差にとらわれずgenderを超えて自由にデザインすること”」

 

以下、公式サイト抜粋

身体的、生物学的性差を示すセックスに対して、ジェンダーとは、社会的、文化的な性差を意味する。

Hender Scheme(エンダースキーマ)ではセックスによる性差を尊重しながらも、身なりにおいてジェンダーを介することなく、人間の経験や環境によって構造化されたジェンダースキーマを超越した概念を提唱する。

出典:Hender Scheme

 

Hender Schemeというブランド名は、心理学用言Gender Schema(ジェンダースキーマ)からの造語。

Gender頭文字のGを、アルファベット順で一つ超えたHにすることによって、コンセプトにある「ジェンダーを超える」を表現している。

 

また、すべてのアイテムがメンズ・レディース両サイズ展開を行なっている。

一方で、男女の骨格の差や筋肉の付き方などの生理的性差(sex)については尊重し、木型やカットの深さなど、メンズ・レディースで差をつけている。

このように、モードとクラフトのバランスを重視し、バランスのとれた“モノ”をデザインしている。

 

 

 

デザイナー

出典:SSENSE

 

柏崎亮

1985年生まれ。

2005年、大学生の時に小さな靴工房で働き始める。

そこで、ブランドのコレクション用の靴のサンプル製作などを経験。

多くの職人がいるなかで、大学生でありながら柏崎氏は、製作だけでなく打ち合わせなどにも参加するなど、徐々に靴づくりのノウハウを吸収していく。

 

大学卒業後は靴の製造を深く知る目的で、「材料屋や職人が多く集まる街」浅草の工場に通いながら、青山で靴の修理のアルバイトを始めた。

 

2010年に23歳でHender Schemeをスタート。

2010A/W charles

出典:Hender Scheme

 

2011年

  • ブランドの2シーズン目である11S/Sでオマージュライン「mip(manual industrial products)」をスタート。

2015年

  • 海外受注が多くなったことから、ブランド初のパリでの展示会を開く。(この年からパリで開催)

2016年

  • 東京恵比寿に直営店「スキマ」をオープン。
  • サカイ(sacai)とのコラボレーションシューズを発表。

2017年

  • アディダスとのコラボレーションで「adidas Originals by Hender Scheme」を発表。

 

左:オマージュライン

右:コラボライン

出典:Hender Scheme

この年からほぼ毎シーズンコラボアイテムを展開している。

 

2018年

  • G-SHOCKとコラボし、腕時計を製作。
  • 過去に発表したアイテムをリプロダクトすることをコンセプトとした「パラレル(PARALLEL)シリーズ」をスタート。
  • 6月、直営店「スキマ(sukima)」の2号店「スキマ 合羽橋」が、東京・田原町にオープン。

2019年

  • ドクターマーチン(Dr. Martens)とのコラボレーションシューズを発売。

 

 

 

特徴

シューズに限らず、本革、主にヌメ革をふんだんに使用したアイテムが特徴。

「革を育てる」ことが好きな方にはどストライクなブランドだろう。

また、本革にしては比較的リーズナブルに感じる。

様々な、小物やレザージャケットなども展開している。

 

19-20A/W not track suit jacket(スウェード)

出典:Fashion Press

 

元はトレンドに左右されない、靴作りのみをメインに考えていただけあって、靴へのこだわりは相当なものである。

一から全てデザイナーが靴づくりを行うのではなく、浅草の職人との分業した生産スタイルを取っている。

職人に頼むべき部分は頼み、自分でやる部分はやるというこだわり。

背景よりも”モノ”を見て欲しいとデザイナーが言うほど、アイテムには職人の長年のノウハウが詰まっている。

 

また、「考えて」「作って」「売る」に加え「直す」も行うため、自社アイテムのリペアサービスも行なっている。

製作時の木型があるため、一番綺麗にリペアしてくれるだろう。

 

 

 

代表的アイテム

オマージュスニーカー: mip

出典:Hender Scheme

 

ナイキ(NIKE)の大乗的なスニーカーなどをヌメ側の無機質なオマージュで製作した靴は独特な雰囲気と存在感を見る者に与え、話題となった。

 

このオマージュラインは、“頭の中にある既存のイメージをつかって遊ぶ”という実験的な試みからスタート。

工芸品と工業製品の間、大量生産と手作りの間の商品を作りたかったという。

工業製品として製造されてきたスニーカーを、あえて浅草の家内制手工業と呼ばれるような、町の工場の人達が作り、全く同じデザインでも、異なるのものが生まれ、さらにヌメ革を用いていることから、シューズは徐々に形や色が変化し、ユニークなものに仕上がっていく。

 

名作と呼ばれるスニーカーを革靴職人の手仕事で作り直すというもので、全てのパーツ(ソール等一部を除く)がレザーで作られているのが特徴。

 

ヌメ革ということで、傷・シミが付きやすく、着用するのはかなり難易度が高いと思われる。

そのため、普段履きというよりかは、コレクション用、日焼けなどによる経年変化の観賞用として。

 

 

ショルダーバック:pig shoulder big

出典:ARKnets

 

張りのない柔らかなピッグのスウェード革を使用。

使い込む事により生まれるエイジングが魅力。

その柔らかな風合いは合わせるものを選ばない。

価格は12000円程

 

 

サンダル:caterpillar(キャタピラー)

出典:Cotyle

 

シャワーサンダルをモチーフにした春夏の定番アイテム。

かまぼこソールと呼ばれるボリューム感のあるソールデザインで、スニーカーでも使用されるようなEVAという材質のソールを使用している為、とても軽いのが特徴でソールの厚みの割に返りが良く履きやすく足あたり良いのも特徴。

アッパー部分にはフィンランドエルクという膨らませてなめした革なので厚さがあり弾力があるため足入れしても歩いても非常に柔らかく快適。

表面にはゴムコーティングしたカウレザーでハリを持たせています。

シンプルだがインパクトもあるデザインで、様々なコーディネートに◎。

価格は32,000円程

 

 

 

どこで購入可能か

 

 


ブログランキングに参加しています!!

是非クリックで応援お願いします!!

 

・にほんブログ村

        ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

・人気ブログランキング


日常ファッションランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました